エフエムいわぬま ほほえみブログ

エフエムいわぬまのパーソナリティーが気ままに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海上保安の日

2kan.jpg


どうもご無沙汰しております。
ラジオ界の伊藤英明ことノダマサカズです。

先日の5月27日にねぇねぇ知っ得の第3週でおなじみ
第二管区海上保安部仙台航空基地にて「海上保安の日記念イベント」が行われました。
当日は午前、午後と行われ
普段は入ることのできない車庫や施設を見学できると言う事で沢山の人達が集まっておりました。

紙飛行機作りで飛行距離を競う子ども達、
ヘリコプターや飛行機の細部を見学する大人まで
老若男女問わず海上保安の日イベントを楽しんでいました。

今回のイベントの一番の目玉はヘリコプターの試乗ではないでしょうか。
車庫前の広場を高度3m~5m高さで軽く一周。
仙台空港の滑走路とつながっている関係でこの範囲が限界と言うことなのですが、
5分程度のフライトといえども一生に一度乗るか乗らないかのヘリコプター。
私もちゃっかり乗らせていただきました。

そして映画やドラマなどで一気に知名度が上がった「海猿」こと潜水士。
ウェットスーツに身を固めビシッとしていて格好良く、
若い女性たちが潜水士さんの前に特に集まっていました。
もてるなら潜水士に転職しようかな・・・なんて(そんなノリでは勤まらない仕事ですけどね)

そんなわけで半分仕事を忘れた海上保安の日イベントを楽しんで来ました!

この放送は今週の木曜日お昼1時過ぎからのいわぬまタウンボイスでご紹介しますので
行けなかったみなさんも放送を聞いて行った気分になっていただければ幸いです。

写真
1おなじみですね「うーみん」と「うみまる」
2ウェットスーツを着て海豚じゃないや海猿になった気の私
3海上保安庁「海のもしもは118」伊藤英明のポスター
スポンサーサイト

古民家でタイムスリップ&芸術に触れるの巻



こんにちは。檀崎絢子です。緑がまぶしい季節ですね
いかがお過ごしでしょうか?
さて、みなさんは、この春岩沼の北長谷にオープンしたばかりの
「古民家アトリエ ひろ窯・文麓庵」をご存知でしょうか?

築100年以上の古民家の中は
一歩入るとまるで昔にタイムスリップしたよう
中央には囲炉裏がさりげなくあって、また梁が見事!!
とてもしかっりとした梁です。

家具も、うすをそのまま台に使ったテーブルがあり…
土壁が残っていたり…と趣のある空間の中に、
陶芸家の加藤さんご夫妻の作品がなんと200点近く展示、
販売されています
20070522144714.jpg


もともと亘理に「ひろ窯」を開き、亘理に伝わる末家焼を復興された
加藤さんご夫妻の作品は、風合いが繊細で、美しくて、
ため息がでるような素晴らしい作品ばかりです。

その作品をこの古民家の中で見ると、より一層美しさが際立つ、そんな
印象を受けました。
20070522144539.jpg


加藤さんご夫妻もとても気さくであり、粋で、今回その人柄に触れて、
お二人だからこそこういった素敵な作品が生まれているんだろうなーと感じました

岩沼にまたひとつ素敵なスポットができましたね
みなさんも足を運んでみてはいかがですか?

それにしても古民家での暮らしというのも素敵ですね~
憧れちゃいました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。